結局 よくわからない マイナンバーカード

結局 よくわからない マイナンバーカード

マイナンバーに関しては 何年か前から あらゆるメディアで 取り上げられ 2015年の秋頃 私の家にも家族分の マイナンバー通知カードが届きました。

 

カードが届くまでは『まだ遠い先の話』と具体的に考える事も無く 実際のところ マイナンバーカードが届くと思っていた私は封書を開け中の説明文等を読んで愕然としたのを覚えています。面倒くさい!なにやら 届いているのは『通知カード』であって 申請の手続きをとって初めて『個人番号カード』つまり『マイナンバーカード』が出来上がるというもの。そのためには免許証のように証明写真も必要だと記載されていました。ますます 面倒くさい!わからない事も数多くあり 私は個人番号コールセンターに電話をかけ 尋ねてみる事にしました。

 

いくつかの質問をし 最後に「マイナンバーカードは すぐに申請した方がよいのか」と尋ねたところ「この時期は みなさんが手続きするので 大変 混み合ってます。一段落した年明けがよろしいかと思います」との返答で とりあえず 申請を見送る事にしました。

 

その後 また あらゆるところで マイナンバーカードのその後が取り上げられてきていましたが なんだか やっぱり よくわかりません。マイナンバーは 国民一人ひとりに与えられた番号であり 一生 使うものといわれていて 公的な手続きをスムーズにとるためには その番号が必要である事。

 

その証明には『通知カード』か『マイナンバーカード』が必要である事。でも『通知カード』の場合 他に運転免許証等の本人確認書類が必要になってくるから 写真付きの『マイナンバーカード』を作るようにすすめている事。

 

ところが強制ではない事。自分の番号などの個人情報を他人には知らせないようにとの指導だけど 携帯しておくようにとも言われていて もし 万が一 落としたり紛失してしまったり などと考えると 携帯する事に対する不安は拭いきれません。

 

確かに あらゆる手続きが このカード1枚でスムーズにとれるようになったり 今まで役所でしか申請ができなかった公的書類がコンビニで受け取れるようになったら便利かとは思いますが 果たして それが 本当に必要なのかと疑問に思います。しかも有効期限が10年というのですから 手続きは1回では終わりません。私は40代ですが 私の年代ですら『手続きをとるのが面倒』と感じるのですから この手続きに関して 年配の方達は いったい どう感じているのでしょう。

 

『通知カード』が手元に届いてから 半年以上になり 最近では カードに関しての情報は あまり目にしなくなりましたが 果たして 何割くらいの人達が『マイナンバーカード』を申請したのでしょうか?少なくとも 私の周りでは1人もいないのが現状です。それと もう1つ 本当に 国民全員に『通知カード』は届いているのでしょうか?
"