マイナンバー制度は”囚人”と同じ!?

マイナンバー制度は”囚人”と同じ!?

平成28年1月からマイナンバー制度が始まりましたね。始まった当初は、「マイナンバーを利用したお金に関する事件やトラブルが絶対起こるだろうな…」と不安に感じていたのですが、今のところ大きなニュースはないので個人的にホッとしています。

 

さて、私はこのマイナンバー制度について賛成でも反対でもないのですが、世間では様々な意見があります。ここでは、その意見・味方に付いて良い面・悪い面の両方を紹介していきたいと思います。

 

まず、マイナンバー制度が導入されることによって私たちに得られるメリットと世間の期待はどのような声でしょうか。まず、大きなメリットは”情報を一元化できる”という点です。これは私たち一般人へのメリットでもありますが、国が個人の税金や情報を管理しやすくなる仕組みを持っているようです。

 

また、昨今話題になっている”年金の記録ミス問題”のような情報の管理もマイナンバーによってより安全に、効率的にできるようです。詳しくは後述しますが、一元化や簡素化はデメリットにもなり得ると主張する人も多くいます。

 

年金や情報の漏れがなく、役所へ何らかの申請に行ったときに確認がスムーズにできるのは嬉しいですね。しかし、「おいしい話には裏がある」です。次に、デメリットを見ていきます。

 

個人情報が一元化されることは、国や個人が情報・カードそのものの管理を怠ると、簡単に個人の情報が盗まれてしまうことにつながりかねません。国の管理対策はウイルス対策やサイバー攻撃が中心ですが、私たち個人としては、カード自体を紛失しないような工夫が求められそうです。

 

また、非常に面白い批判の1つに、「私たちは囚人じゃないぞ!」というものがありました。マイナンバーは全国民を番号で識別するシステムです。刑務所に入った囚人が、名前ではなく番号で呼ばれる姿はアニメやドラマでも良く見られますよね。私は共感するというよりも「なるほど、そんな発想もあるのか」と感心してしまいました。

 

賛否両論様々ですが、もはや始まった制度ですので、私たち日本国民にとって有意義な制度になることを祈るばかりです。"